薄いかも?

雨上がり決死隊のボケ担当、宮迫博之さんは、番組MCにドラマ出演など、大活躍の芸人さんですが、父方の先祖代々が薄毛だったそうで遺伝によって自らも薄毛になるだろう、と若い頃からとても心配をしていたそうなのです。

事実、順調に薄毛は進行していたようです。

誰が見ても「薄いかも?」という時期がありました。

でも、宮迫さんは、頭皮の健康に気を付け、髪のために良い状態を保つやり方で育毛の努力を続け、結果的に、彼が以前は薄毛の危機にあったことを思い出す人は少ないでしょう。

どちらかというと、フサフサした人という印象がありますね。

こうして宮迫さんは、万人の前で、自らの育毛効果を実証くれましたが、やはり頭皮を良い状態にしておく、それを維持する、ということは育毛に大きな効果があるようです。

ご覧になった方も多いかもしれませんが、宮迫さんは、育毛関係のコマーシャルに出ていますね。

髪を元気にして、少しでも増やしていきたいと考えているなら、まずは基本的なところから、髪の育て方を知っていきましょう。

何が原因で髪が抜けてしまうのかを学び、ポイントを押さえて改善していかないと、高価な育毛剤をどれだけ使ったとしても、じゅうぶんな効果が感じられないのではないでしょうか。

髪のケア方法だけでなく、生活習慣や食生活など、今一度、育毛の基礎からチェックして、髪を元気に育ててください。

頭髪に必要なのは、毎日の努力です。

数年前のことですが、毛髪クリニックとして有名なリーブ21がウーロン茶の成分に育毛効果を見込めるというレポートを学会で発表しました。

どういうことかと言うと、ウーロン茶エキスの中の成分が、男性ホルモンをDHT(薄毛を促進するホルモン)に変化させる酵素の活性化を抑制するということで、とくにAGA(男性型脱毛症)の治療に役立つ見込みがあるということでした。

ですが、ただ単にウーロン茶を飲んでいれば育毛できるという訳ではないことを断っておきます。

薄毛や抜け毛で相談に来られる方のなかには、体質的なものではなく、栄養の偏りが原因になっているパターンも多いため、心当たりがある方は、一度見なおしてみると良いかもしれません。

栄養が不十分な食事も一時的なら構わないでしょう。

しかし継続的に栄養や微量元素が足りない状態を続けると日光やシャンプーなど、普段からある刺激に頭皮が過敏に反応するようになり、健康的な髪が育つ土壌が損なわれ、フケが出る地肌トラブルや、抜け毛などの発生を防げません。

外食の多い方はもちろんですが、マーケットの惣菜などの出番が多い方は野菜の付け合わせがあっても少量だったりするので、注意が必要です。

スナック菓子ばかり食べたり、バランスの良い副菜をとらずにレトルト食品だけしかとらない方も要注意。

食生活を見なおす必要があるでしょう。

髪とすこやかな地肌のためにしっかりと栄養をとって、体本来のリズムを取り戻していきましょう。

青魚としてよく知られるイワシは抜け毛が悩みの人にとり強い味方といえる食材です。

育毛を促進する栄養素がイワシには多く含まれていますから、積極的に食卓に載せてほしい食材の一つです。

アルコール類を飲む時は特にアルコールを分解する段階で使われる亜鉛を補うという意味でも、イワシはおつまみに最適です。

お刺身や缶詰なら手間がかかりませんね。

専門家の指導の下で発毛や育毛に取り組む場合、育毛サロンや発毛クリニックに行くことができます。

サロンとクリニックの違いは、医師が治療を行うか否かということです。

サロンは育毛剤を使って毛根に栄養を与えたりプロの手でマッサージをしてもらうなど、発毛を促すことが主な目的になります。

また、クリニックは、医師免許が必要な処方箋で治療したり、最新の医療器具での発毛医療を受けられるところという違いがあるのです。

育毛には海藻、と連想されますが、ひたすら海藻を食べ続けてもそれだけで育毛は期待できないのです。

ワカメやコンブは、ミネラル、そして食物繊維を含んでいますので、育毛に良い影響となりますが、ただそれだけで育毛が促進したり、生えるということはありません。

育毛する、そのためには、亜鉛、鉄分、タンパク質等、いろいろな栄養素が必要となってくるのです。

TVやラジオなどで放送されている育毛用シャンプーの宣伝に接する度に、CMの内容から判断して育毛シャンプーオンリーでイキイキと髪の毛が発毛されるかのように錯覚してしまうかもしれません。

しかし、決してシャンプーのみで髪の毛がふさふさに生えてくることはないといっていいでしょう。

育毛洗髪剤の持つ役目といえばドンドン髪が丈夫に生えてきやすいよう頭皮の状態を調節することであり、ダイレクトに毛根へ機能するわけではないのです。

発毛を促進する効果がノコギリヤシにあるわけは、5αリダクターゼという脱毛原因物質が作用しないようにすることにより髪の毛が抜け落ちることを阻むことが可能であるためです。

5αリダクターゼと、別の物資であるジヒドロテストステロンとの結合によって、皮膚から脂分が過剰に出ます。

この脂分によって毛穴の詰まりが発生することで髪の毛が抜け落ちたり、髪の毛が生育しづらくなったりしてしまいます。

ところで、ノコギリヤシは、加工せずに食べてしまうのではなく、抽出物を用いることになります。

髪の健やかな成長を維持するためには、様々な栄養素をバランスよく摂取することが不可欠ですが、意外とおろそかになりがちなのは鉄分でしょう。

重複して摂取するのを避けるため、育毛サプリには配合されていないので、見過ごされやすいのかもしれませんが、絶対に必要な栄養素のひとつです。

鉄は血液や内臓に多く含まれ、酸素をすみずみまで補給している車のようなものです。

酸素を運ぶ車が少なくなると体全体(血液全体)の酸素量が減るのですから、全体の代謝が落ち、体温維持や消化などといった基本的なことが優先されるので、頭皮に必要な栄養素が届きにくくなり、老廃物の代謝にも支障をきたすようになります。

育毛していくのなら、血液の健康も考えなくてはいけません。

普段の食事で気をつけていきたいものです。

鉄分は赤身の肉、青魚、貝類、大豆製品などに多く含まれており、摂取量を増やすことは容易ですが、また、たくさんとりすぎると胃腸の不快感を感じたりお腹を下すこともあります。

一日の摂取量を越えないよう、一度にとりすぎないよう、気をつけてください。

漢方をつかって、発毛や育毛治療をすることもできます。

東洋医学から生まれた漢方では、薄毛の問題は質のよい血液が身体に行きわたらない状態の血虚や、気虚と呼ばれるストレスや疲れでエネルギーが慢性的に不足している状態、加齢から全身の身体機能が低下した状態の腎虚などを挙げることができます。

こうした身体の問題を漢方で改善し、身体の生まれ持っている自然治癒力を高めて育毛を進めていく方法が漢方の力だと言えます抜け毛予防の為に育毛剤を使うと、副作用を起こす可能性があります。

頭皮が赤くかぶれたり、かゆくて仕方なくなったり、脱毛が激しくなる可能性もあるでしょう。

使った人の全てに副作用が発生するわけではないのです。

もしも、副作用の発生を確認したら、育毛剤を使うことを中止してください。

身近な所で言えばドライヤーからヘッドスパ、あるいは家庭用のレーザー育毛機器など、抜け毛や頭皮のトラブルを予防する美容家電が多くみられるようになりました。

ドライヤー、ヘッドスパはそれ自体で育毛治療するというより、頭皮の毛穴詰まりなどのトラブルを改善し、髪が生えやすい頭皮環境をつくるなどの、補助として力を発揮してくれるでしょう。

自分で楽に実施することが可能な抜け毛対策は、日々のシャンプーの仕方を改めることです。

バスタブに浸かって充分に体を温めてからシャンプーは頭皮の毛穴が開いた状態で始めること、洗髪を開始する前にしっかり入念にお湯洗いで頭皮の皮脂を落としてあげること、シャンプーの際には爪を立てずに丁寧に優しく頭皮に負担をかけずにシャンプーしてあげることなどが大切になってきます。

今まで述べたことは抜け毛予防になるだけではなくて、育毛治療を行う際にも同時に行っていくことが大切になってきます。

自分でも気がつくほど抜け毛が多くなったといっても、それがAGAによるものなのかどうかは判りません。

しばしば相談されるものとしては、あるシーズンに集中して髪の毛がいつもより多く抜けるのは珍しいことではありません。

気候差も考慮しなければならないのでしょうが、多くは9月頃に抜け毛が増えたと言う相談が増えます。

それ以外にも大人であれば気候の変化とは関係なしにだいたい数十から100本もの毛が一日のうちに抜けます。

頭部の血行を良くすることと一緒に、頭皮などのリンパ液を上手く流れさせることが育毛や養毛に効果的です。

血管内から出た不要な物質はリンパ液に乗って体外に出されます。

また、リンパ液には体内の免疫力を維持していく機能を持っています。

リンパ液と血液、どちらの流れも良くなることで健やかな髪の毛のための土壌が整えられます。

全身に広がるリンパ腺のマッサージを行うことにより、循環が悪くなったリンパ液の流れを回復することができます。

育毛効果のあるシャンプーは頭皮の脂や汚れを落とし、髪を丈夫でしっかりと育てる助けとなります。

私たちの周りにあるシャンプーに洗浄効果のある成分が入っていますが、デリケートな頭皮に悪い影響を与えやすく抜け毛につながる可能性があります。

ですが、髪の成長を促すシャンプーの使用により、大切な頭皮や髪に悪い影響を与えない成分で優しく洗浄できるので、元気な髪を育てることができるのです。

植毛や投薬など医療面での治療が大事なのは言うまでもありませんが、同時進行で生活スタイルを見直すこともAGAの治療を進めていく中では重要な要素だと思います。

どのような病気にも言えることですが、体の代謝が弱い場合はいくら医学的に有効な治療を施そうとあまり満足のいく効果は得られません。

飲み過ぎや食べ過ぎなどに注意し、睡眠や入浴などの時間を大事にし、無理をしない範囲から手をつけていきましょう。

全部がそうとはいえませんが、一般にAGAの初期の症状の出方というのは、額の生え際や前髪の分け目部分の地肌が目立ってくるといったケースが多いです。

徐々に進行するものなので、気づいてもあまり気にならないかもしれません。

なんとなく生え際が後退してきたり、髪にボリュームがなくなり分け目が気になるようになったり、洗髪後にタオルから落ちる毛が見るからに増したように思える時は、男性型脱毛症が進行していると考えて良いでしょう。

全身に多数広がるツボの中には、発毛や育毛に対して効力を発揮するツボもあるようです。

大体が頭の部分にかたまっていて、頭頂部にある百会というツボがひとつの例で、血行を促し抜け毛防止に効果を発揮します。

ツボを押す力が強すぎると頭皮にとって負荷となってしまいます。

やや痛いけれど気持ちいいというくらいの力で、1箇所を3回から4回ほど押すのが適しています。

意外と軽視されがちですが、育毛やAGAの治療を妨げるものとして最たるものがタバコです。

実際に日常的に喫煙している人の場合、抜け毛の原因となるDHTというホルモンが増加してしまうことがわかっています。

その上、喫煙でニコチンを摂取することにより血液の循環が阻害されるため、気晴らしの代償は高いものにつくでしょう。

せっかくの治療効果が減殺されてしまいますから、薄毛や抜け毛の背景にAGAがあるようでしたら自ら悪化させるようなことはやめて、減煙、禁煙していきましょう。

寝るときには、ベッドでも布団でも、多くの人が枕を使っていると思います。

育毛や抜け毛対策を考えている人には大切なものです。

自分に合った枕は人それぞれですが、合わない枕だと、首回りの筋肉がこってしまい、大事な頭部に血液が十分送られなくなり、頭皮にも十分栄養が行き渡らなくなります。

また、脳の酸素不足から熟睡できなくなり、身体全体の調子も悪くなったり、睡眠でストレスを解消できず、抜け毛が増えてくることもあります。

頭皮、そして、毛髪のために、自分に合う枕を探して使用し、毎日ぐっすり寝ることが大事です。

AGAの治療開始からその効果が現れるようになるのは、年齢や治療前の状態によっても異なるのですが、約3ヶ月から数ヶ月と見ておけば間違いありません。

そんなスタート地点から始まり、治療開始前と比べてかなり改善されたと感じられるような仕上がりを求めるのであれば1年の人もいれば数年かかるケースもあります。

発毛して毛が成長するスパンだけ考えても長い時間がかかるのが普通ですし、ある程度の長期戦は覚悟して、治療は気長に続けることが大事です。

当然ですが、毎日の食事が髪の毛の質を左右します。

薄毛や抜け毛が気になる人におススメの食材は、栄養成分にたんぱく質が多く含まれているものす。

たんぱく質がなくては、髪の毛は成長しません。

たんぱく質が豊富なことで知られるのは、大豆、卵、乳製品などの食品です。

とくに、大豆に含まれている成分は、薄毛を促進する男性ホルモンの働きを抑える作用があるので、薄毛や抜け毛の予防に効果を発揮してくれるでしょう。

髪の毛の質を高めてハリやコシのある豊かな髪を作るには、血行を促進させる事が大切になります。

手軽な方法で血行を改善するのなら、運動がベストでしょう。

長時間激しいスポーツを行わなくても、ストレッチやヨガなどを自宅で15分程度行っていれば、血管が広がってスムーズに血液が流れるようになります。

それに加えて、凝った身体がほぐされて、肩こりや首こりの症状が改善し、気分もスッキリするでしょう。

青汁が髪を育てるのに有効かといえば、薄毛の原因が栄養不足である場合には良いかもしれませんね。

ビタミンやミネラルなどを青汁はたくさん含んでいますので、毛髪の成長に必要な栄養素を充足してくれるでしょう。

だからといって、青汁を飲むだけで薄毛の心配がなくなるわけではないので、バランス良く食事を取り体を動かし、よく眠ることなども重要です。

シャンプー後の髪の毛の乾かし方は、健康な髪や頭皮の状態でいるために必要なことです。

第一に、自然乾燥はやめてドライヤーを使って充分に乾かしてあげる方が髪のためになります。

ドライヤーですぐに乾かさないと、キューティクルがずっと開いたままの状態ですから、髪の毛の水分が蒸発してしまいます。

更に、洗髪後に育毛剤などを使用する場合に気を付けることはドライヤーで乾燥させた後に使わないと、熱によって有効成分が揮発してしまう可能性があるため、髪の毛を乾燥させた後に塗布しましょう。

近頃、抜け毛が多くなってきたと思ったら、確実な方法でヘアケアを行い、育毛を行うことが必要です。

残念ですが、自分で考えた方法では髪や頭皮にかえって悪影響となってしまう場合があります。

それから、生活習慣を正すことも育毛に欠かせない事項なので、コツコツと努力をすることが大切です。

それに加えて、育毛剤等を取り入れると、より効果に期待が出来るでしょう。

意外にも、料理などでもよく使うオリーブオイルを用いて、頭皮のマッサージをすると、元気な髪が育つ環境が整うようです。

オイルで毛穴に詰まった汚れを綺麗にして、頭皮の血行に作用し、さらには保湿効果も抜群です。

でも、マッサージ後に洗い流したとしても、べたつくように感じて気持ち悪いと感じる人もいて、好みは分かれるところです。

その日の頭皮の状態によっても、感じ方が違うようです。

整体やカイロなどと呼ばれる治療者がいるところでは、育毛や養毛、発毛のために施術メニューの中に「頭蓋骨矯正」を設けているところが存在します。

なぜかというと、頭皮環境が良くなくて硬くなったりしているのは、頭蓋骨が本来の姿よりも歪んだりしているのが原因だとする意見に基づいて施術しているのです。

育毛剤を使ったり病院で治療したりすることのほかに施術院で「頭蓋骨矯正」を行ってもらえば、より一層の効果が生まれ自分が期待していたものよりずっと効果的かも知れません。